喪女子ブログ

喪男という言葉を知りました。そして思いました。えっ、これ私?あー、喪女って言葉もあるんですね。ってことで喪女の生活をだらだら書いていきたいです。ちなみに年齢=彼氏いない歴。隠れオタで腐女子です。

BLOG
プロフィール
おすすめの記事
メニュー

1クリックにつき1円を無料で募金できるそうです。一日一善。


フィギュアとか

なんかモザイクかかったモノ握ってるーーーっ!!!

お、おふだの使い方が間違ってると思います…!!

あー、強烈な放屁かと思ってびっくりした。


激しくおすすめ!
ラーメンズ DVD-BOX

助けたネコをぶった切るところが大好き。

 


なんじゃこりゃ(楽天)

日本初の”ショタ・エロ・アニメーション”。ぴことちこ。(18禁)

女装用おっぱい。いきなりDカップ。






怪しい効果がありそうなグロス。だって名前が「ヌレヌレ」。


メモ

もう一個ブログはじめました。面白くもなんともない普通の日記です。陰気な感じでやっていきます。







--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2005/09/05

カノッサの屈辱

アマゾンさんで遊んでたらこんな本を見つけました。



カノッサの屈辱
カノッサの屈辱
posted with amazlet at 05.09.05

フジテレビ出版 (2004/08)
売り上げランキング: 13,029






カノッサの屈辱…。
この言葉を聞くととっさに思い浮かぶある言葉があるのです。
その言葉とは




憤死。




そもそもカノッサの屈辱とは(読むのめんどい人は飛ばしてください)教皇グレゴリウス七世に聖職叙任権をめぐって破門された神聖ローマ皇帝ハインリヒ四世が、1077年、教皇滞在中の北イタリア、カノッサ城の城門前で、雪の中を三日間立ち尽くして許しを得たと伝えられる事件。(大辞林 国語辞典より)

ここに出てくるグレゴリウス7世が後に憤死という死に方をしてしまうんです。




「憤死」ってすごい響きじゃないですか。

世界史で「憤死」という言葉を見つけた当時高校生のわたしは「グレゴリウス7世のおいちゃんは爆発して死んじゃったんだね。」と思ったものです。なぜかはよくわからないのですがなんかそんな感じするもの。
そいうえば友達も「椿!憤死だってよ、憤死!うはー。」となにやら興奮気味でした。

「憤死」という言葉には私たちを惹きつける何かがあると思います。
地球ができてから憤死した生き物はどれだけいるのだろうか…とか遠い目をしながら思いをはせちゃうもの。



一応本当の意味も載せておきます。えーっと、憤死とは…

(1)憤慨のあまり死ぬこと。
「姦臣(かんしん)の讒(ざん)にあって―する」

(2)野球で、走者が惜しいところで塁上でアウトになること。
「本塁で―する」

(大辞林 国語辞典より)





あー、なんか世界史なつかしいわー。と思って世界史の教科書を探し出してパラパラと見ちゃいましたよ。

「ピピン」とか「ピウスツキ」や「ピット」ってかーわいいよね!と思ったり、「ヌルハチ」ってなんかハゲの脂ぎったおっさんぽい!「僕の名前は佐藤ヌルハチです。」といって名刺を差し出すおじさんを想像したりと色々と楽しめました。





世界史の教科書を読んでいて思ったことは「アナール学派」とか「アナーニ事件」とか「カストロ」といった世界史用語はやたらと覚えているということです。脳内で恥ずかしい語呂とかいっぱいつくったからね。







…なんか憤死したい気分になってきた。






人気blogランキングへ←参加中です。よろしければクリックお願いします。


〈Amazonさん〉
大学入試ウラワザ暗記術世界史でるとこ攻略法
そういえば高校時代コレにすんごくお世話になりました。語呂合わせで覚えるのです。オススメ。なつかしいので載せておこうっと。



スポンサーサイト

  1. permalink |
  2. よりぬき |
  3. trackback (1) |
  4. comment (18) |
  5. page-top

コメント

T 投稿日:2005/09/05 13:55

歴史のお勉強で覚えていることと言えば、教科書の肖像に落書きしたことしか…
何の為の勉強なのやら。

憤死といえば、CAPCOMから出ている戦国BASARAで織田信長が憤死していました。若本規夫さんの断末魔とともに背景に「織田信長 憤死」の映像は笑いを誘いますよ?
...編集

オタクと世界史用語 Yuu Arimura 投稿日:2005/09/05 18:29

中国史で「完顔阿骨打」(わんやんあくだ)という人が出てきますが、同じペンネームのエロマンガ家がおりまして、教科書よりもそっちで先に知ったというオタクは結構いるようです(実際、googleで検索かけるとこの人のホームページがトップに来ます)。 ...編集

パピィ 投稿日:2005/09/05 19:46

初めまして、ブログランキングから参りました。

「憤死」
確かにわかりにくい死に方ですよね。
憤慨の余り死ぬってことは、興奮して脳の血管が切れるってことなんでしょうか。

遺族
「父の死んだ原因は何なんでしょうか!?」
医者
「・・・憤死です。」

すいません、失礼しました。
またお邪魔しまーす。
...編集

the Arch 投稿日:2005/09/05 22:44

ピピンといえば、教科書によっては
「小ピピン」と書かれていた記憶があります。
ピピンだけでもかわいいのだから、
「小」までつけると狙いすぎな感がありましたが。
世界史懐かしいです。纏足とか。
...編集

きてはぁ 投稿日:2005/09/06 01:54

>佐藤ヌルハチ
めっさ受けました。
どんな美形でも名前をヌルハチにするだけで自己紹介の度に爆笑を巻き起こす人物に早変わり。
いいなあ・・・。
...編集

烏丸翔 投稿日:2005/09/06 02:56

「加納さんの屈辱」しか思い浮かばない自分が憎いです。

佐藤ヌルハチさんは絶対に背が小さくて眼鏡をかけていますね。
クーラーが効いているのに汗を拭きながら名刺を出す、
つぶらな瞳とぷっくり出たおなかが目に浮かぶようです。

憤死なさらなくても、こちら拝見している方々は
世間の人に聞かれたら、憤死せざるを得ない事柄
腐るほど持ってるはずです。ご安心を。

あ、あの勝手にリンク張ってしまったので
問題御座いましたら、罵詈雑言お寄せ下さいませ。
...編集

椿 投稿日:2005/09/06 08:39

>Tさん
「織田信長 憤死」とかすごい見たい!うわー、意外といるもんだ。憤死。

> Yuu Arimuraさん
なるほど。完顔阿骨打=エロという方程式が学校で習う前にできている人もいるわけですな。

>パピィ さん
一般人なのに死因が憤死とか嫌だなー。

>the Arch さん
さすがthe Arch さんは詳しいですな。そういえば大ピット、小ピットもいましたよね。たぶん。かーわいーよねっ!
あ、ひらがなで書くともっとかわいいよ。ぴっと!ぴっとぴっとぴっと!

...編集

椿 投稿日:2005/09/06 08:46

>きてはぁさん
ヌルハチ…。恐ろしい名前!!(白目)

>烏丸翔さん
そうそう、絶対背低いよ!佐藤ヌルハチ!烏丸翔さんの佐藤ヌルハチのイメージはおそらくわたしのとそっくりでしょう。
あ、全然オッケーです。リンクフリーですので。むしろありがとうございます。
...編集

憂左 投稿日:2005/09/06 20:22

怒りのあまり何かとっぴな自滅的行動に走り、結果怪我をするなどして死んでしまったら、それも憤死なのでしょうか。
私は死ぬほど怒る元気はありません。すごいエネルギーですよね~憤死。
...編集

椿 投稿日:2005/09/06 23:05

>憂左さん
怒りで死ぬほどの元気があるのに死ぬってなんか理不尽ですよね。あれ?なんか自分でも何言っているのかよくわからない…
...編集

the Arch 投稿日:2005/09/06 23:22

そういえば昔こんなのを見つけて笑ってました。

http://omecoboshi.cool.ne.jp/text/text62.html

内容が不適切なら削除してください。
...編集

一票いっとく? 投稿日:2005/09/07 04:59

突然のコメント失礼します。
私達は現在の20代の投票率が80代の投票率より低いことに危機感を覚え、9月11日の衆議院総選挙で20代の投票率を上げるために「投票ラブ・ストーリー」というHPをオープンしました。
http://tohyo.net/

今回もしこの企画に賛同してくださるならば、是非「投票ラブログRANKING」に参加して頂きたいと思っています。

9/11までの期間、ブログの読者の方にプラグインに貼った「投票宣言ボタン」をクリックしてもらい、 そのクリック数がランキングに反映されます。
ブロガーの力を集結させ、 有権者の選挙に対する意識を高めましょう!

チーム「一票いっとく?」
...編集

こんにちは。 outskirts 投稿日:2005/09/07 05:33

はじめまして。カノッサの屈辱が懐かしかったので、コメントしました。僕この本持ってますよ。
フジテレビで昔やっていた深夜番組ですね。モノ(商品)の歴史を世界史になぞらえて紹介するというバラエティ番組でした。
BSフジorフジテレビ721で再放送されたので復刊したのかな・・・
...編集

椿 投稿日:2005/09/08 00:10

> the Arch さん
マチュピチュってすごくかわいい部類に入ると思っていたんですけど見る目が変わってしまったわ。
インカ帝国って黄金だけじゃないのね。宝の山なのね。

>outskirts さん
バラエティ番組だったんですね。
カノッサの屈辱がタイトルだからおもしろそうですな。
...編集

こんにちは ゆうがん 投稿日:2005/09/08 11:10

はじまして。
昨日、私もふと「カノッサの屈辱」のことについて考えてたら、本が紹介してあってびっくりでした。
Fukkan.comの力で復刊してたのは知ってましたけど。

現代文化の歴史を世界史化したパロディ番組ですね。
仲谷昇さんが教授役。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~tmoro/kanossa/kanossa.htm

ヌルハチの弟はツルハチとムルハチっていうんですが
佐藤ヌルハチさんの弟の
佐藤ツルハチさんと佐藤ムルハチさんはどんな人なんだろう(^^;。
...編集

椿 投稿日:2005/09/08 12:44

>ゆうがんさん
予想以上におもしろそう!どうしよう。この本欲しいなー。

佐藤ツルハチは完璧なスキンヘッドのいかつい海の男です。佐藤ムルハチはかなりの巨漢でいつも片手にボンレスハムをもっています。
...編集

uyaiko 投稿日:2005/09/11 21:51

こんばんは。
憤死・・・三国志の人がしてましたっけ(名前忘れたけど弟が裏切った蜀の、文官のほら・・・なんて言ったかな)
「屈辱」もなかなかぐっとくる単語ではあります・・・
...編集

椿 投稿日:2005/09/12 09:05

>uyaikoさん
「屈辱」でなかなかぐっとくるあなた様もなかなかのものですね(ニヤニヤ)
...編集

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nyanyanya.blog16.fc2.com/tb.php/24-48028f4c

「憤死」について by 左利きと世界の終わり

【受取日:2005/09/05 13:00】
 「憤死」とは全く懐かしい。私も妙に気になった単語です。 どうして突如このようなことを申し上げるのかといいますと、何となくブログを回っていたら「喪女女子大生ブログ」というところに行き着きいたのです。結構有名ブログさんらしいのですが、そこで紹介されていた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。