喪女子ブログ

喪男という言葉を知りました。そして思いました。えっ、これ私?あー、喪女って言葉もあるんですね。ってことで喪女の生活をだらだら書いていきたいです。ちなみに年齢=彼氏いない歴。隠れオタで腐女子です。

BLOG
プロフィール
おすすめの記事
メニュー

1クリックにつき1円を無料で募金できるそうです。一日一善。


フィギュアとか

なんかモザイクかかったモノ握ってるーーーっ!!!

お、おふだの使い方が間違ってると思います…!!

あー、強烈な放屁かと思ってびっくりした。


激しくおすすめ!
ラーメンズ DVD-BOX

助けたネコをぶった切るところが大好き。

 


なんじゃこりゃ(楽天)

日本初の”ショタ・エロ・アニメーション”。ぴことちこ。(18禁)

女装用おっぱい。いきなりDカップ。






怪しい効果がありそうなグロス。だって名前が「ヌレヌレ」。


メモ

もう一個ブログはじめました。面白くもなんともない普通の日記です。陰気な感じでやっていきます。







--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2006/12/03

知的な女子になるために

わたしは全く本を読まない女です。
自分で進んで読書することなんて一年に一回あるかないか…ってくらい何も読みません。



でもね、さすがに最近これではいけないと思うようになってきました。語彙が極端に少ないのです。
ネットでいろいろなサイトをまわりますが、本をよく読んでるっぽい人の書く文章はやはり表現がおもしろい。



わたしは決心しました。
本を読もうと!
そんな感じでわたしは意を決して本屋さんに向かったのです。






普段は本屋さんに行っても漫画コーナーにしか行きませんが、生まれ変わったわたしは違います。




これからは本をよく読む知的な女を目指すんだかんねー。
ずり落ちたメガネをこう中指でくいっと直すような知的なメガネ女子になるのよ。そう、くいっとな。



いつも行く本屋さんも意気込みが違えば普段とは異なって見えます。
新しく生まれ変わったわたしの知的フィルターを通して本屋さんを見れば、ああ、本屋さんてこんなに知的な空間だったのか…と思い知らされます。



本屋さんてジャンプとバガボンドとエロ本しかないと思ってたけど、経済の本とか教育について考える本だとか二次元美少女の描き方の本だとか、わたしたちにすばらしい知識を与えてくれる本がたくさん存在するのですね。



でもこんなハードルが高そうな本、普段ほとんど読書をしない私にいきなりは無理です。



ですので、なるべく読みやすそうな本を買うことに決めました。
わりと気軽に読めそうな本を探してウロウロすると、なにやらピンク色っぽいコーナーに。(あ、ピンクといってもエロっぽい意味じゃなくて、女性向きの本という意味ですがな)



まあ一応女子ですし、女の子っぽい本でも読んでみまするかな、なんて若い女の子向けの本を色々と見てみたんですがね。




モテれ。 エロ可愛い女の知恵袋やらモテの極意59―秘密の小悪魔手帖やらなぜか「モテる女」の共通点 男心をつかむ恋のテクニック50やらモテる女のひみつノートやらモテる女になるためのラブ・ルール セックス篇やら愛される条件―ちょっとモテるより、ずっと永遠に…やら……。



どうですか?
「モテ」とか「エロ可愛い」とか「小悪魔」だとか。
女子はこんなにもモテることに対して貪欲なんですよ。家ではみんな鼻くそほじってるくせに!!!(この前、かわいい友達らと飲んだときに三人が家では鼻くそをほじるという衝撃の事実が明らかになりました)








どうやらこのピンク色のコーナーも私にはハードルが高いらしい。
むしろ経済や金融の本の方がハードルが低い。
だってモテかわ小悪魔女子よりもまだ堀江とかの方が近しい存在だもの。(見た目とかファッションとか愛想のなさが)




わたしは自分に近いタイプの人が書いた本が読みたいのよ。
もてる女子とか顔が良いだけの女子アナとか海外暮らしを自慢するタレントが大嫌いなんだよ!!







そうこうしながらどの本を買うかの検討が続きました。
そしてある本を手にとって数ページ立ち読みしました。買うべき本が決まりました。


これです。↓
434401250X不細工な友情
光浦 靖子 大久保 佳代子
幻冬舎 2006-11

by G-Tools





えっと、これはね、光浦靖子さんと相方の大久保佳代子さんの手紙のやりとりみたいな内容なんです。
ほら、光浦さんと大久保さんって美人とかかわいいとかじゃなくって…いろいろと私と近い存在に思えてね、ちょびっと立ち読みしたんですけど、ほんの数ページ読んだだけで顔のニヤニヤが止まらなくて、その状態が明らかに不審者で気持ち悪かったのであきらめて買った次第です。
だって静かな本屋で「ぶしゅっ」とかいうわたしの笑い音が…(お、笑い声まで「ぶす」に近い)



そんでもって夜寝る前にちょっとずつ大事に読もうと思っていたのに、なんたって非モテな人なら共感できるような話が面白おかしく書いてある本。




面白くて二日で読み切りました。







おかげで読書というものが楽しいものだと気づきました。
でも夜中、暗い部屋でニタニタしながら「ぐひっ!」「ぶひゃっ!!」「うほっ!!!」と本を読むわたしの姿は、どう見てもはじめにわたしが描いていた知的な女子の姿ではありませんでした。
それどころかさらに不細工になった気がする。(ブスが楽しめる本をご存じでしたら教えてください)




人気ブログランキング学生ブログランキングFC2ブログランキングのどれかによろしければぽちっとお願いします。励みになります。




〈Amazonさん〉
クィア・ジャパン (Vol.3) 魅惑のブス
クィア・ジャパン (Vol.3) 魅惑のブス伏見 憲明

おすすめ平均
stars解放のための挑戦
stars立ち読みしにくい本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブスの壁
ブスの開き直り
太古、ブスは女神だった

スポンサーサイト

  1. permalink |
  2. たれ流し |
  3. trackback (0) |
  4. comment (7) |
  5. page-top

コメント

椿さんはじめまして! 投稿日:2006/12/06 17:06

いつも楽しく、「ぶっしゅんぶしゅん」笑いを堪えながら拝読しております、筋金入り喪女の顕と申します。

ピンク棚はハードル高いですよねー…「オマエその顔でモテとか狙ってんのかよ!」と店員に胸中で嗤われてるかもと思うと、気まずくてもうその本屋さん行けない…ι~っ~)

中公新書ラクレの『「性愛」格差論~萌えとモテの間で~』は、新書の割に笑えて面白いですよ~。
著者の一人・斎藤環さんの本は難しい所もあるのですが、ヲタを精神分析的によーく観察なさってるものも多くて、愉快痛快。オススメです~!


...編集

yuriyuri 投稿日:2006/12/06 21:23

はじめまして(*´∀`)人(´∀`*)
いつもこっそり、ひっそり(?)読ませてもらってますw

「不細工な友情」あたし、読みました!!
ここにきたら、本の感想書いてあってびっくり。

大久保さんの書く文章に惚れました。。。w
共感です(゜дÅ)ウゥ・・・
ピンク棚…蝶々さんのアレとかソレとかですな。。。
そう、女子は貪欲な生き物なのかもしれませんね。。

でわでわー!
...編集

たると 投稿日:2006/12/06 22:55

どうも~。
文学部に所属しているくせに学校側から与えられた課題ぐらいしか読まないたるとです。

あんなモテるための本なんてなんの役に立つんでしょうかねぇ。モテ本だけに限らず、大概ああいうノウハウ本て実践できないことか、実践しても無意味なことが書かれてると思うのですが。

そういえば、腐女子研究の本が二冊くらい出てますよね。確か作者は杉浦由美子さんて方。なんだか怖くて、いまだに手を出してませんが。
...編集

おつう 投稿日:2006/12/06 23:01

この日記を電車内で読みながら激しくニヤニヤしています。
マニュアル本なんか読まなくても
どーせモテ子はモテ子で非モテは非モテのような気がします。
マニュアルを必死に立ち読みする女の子を見たら
「不細工な友情」を読みながらニヤニヤしてあげればいいんですよ。
...編集

椿 投稿日:2006/12/07 11:26

>顕さん
そうそう!わたしなんかが買うと「必死だな…」て店員さんに思われそうで。てか手にとることも恐れ多くてできません。

オススメの本を教えてくださってありがとうございます。
早速アマゾンさんでチェックしましたところ、表紙が渋くて購入しやすそうですね。(これとても大事)実物を見かけたら手に取ってみます。コメントどうもありがとうございましたー。(あ、お困りの件はこちらで処理させていただきました。パスを入れておくと後からでも編集できるみたいですよー。)

>yuriyuriさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

お、読まれましたか。そうですよね。わたしもどちらかというと大久保さんの文章の方が笑う回数が多かった気がします。もうだいぶ前に読み終わってるのに昨日もまた読んでしまいました。

ええ。わたしは女子、とりわけモテ子は美容とかモテとかに貪欲だと思っています!(大いなる偏見)


>たるとさん
ええ。わたしも文学部ですがなにか?

杉浦さんの本は「オタク女子研究」の方なら読みました。
興味深い内容で楽しく読めましたよー。でも正直、この本の内容には「そうそう!そうだよね!」と納得できる面と「そうかなあ?」と納得できない面とがありました。

いや、でも結局楽しんで最後まで読んだので興味があれば手にとってご覧くださいな!(さあ、こちらの世界へ)


>おつうさん
この前、友人(わたしと同タイプ)と大きな本屋さんに行ったとき、その子は速攻で女子向けピンク色コーナーでモテ研究を始めました。笑ってやればよかった…。
一方わたしはその手の本を手に取ることができなくて、しぶしぶスピリチュアル研究していました。
...編集

読書嫌い saori 投稿日:2006/12/07 15:22

では右に出るやつはいないと思っていましたが…ここに同士が(勝手にされても困りますね)
私は小説を開き、文章を5行ぐらい読むと勝手にまぶたが重くなり気がつくと寝ています。
でも、この大久保さんの本なら私でも読めそうな気がします。
漫画なら何冊でも読めるのになー(「のだめ」は友人から借りて一気に8冊を2日で読破しました)

ブサイク…最近は逆に「モテ系」の意味があるのではないかしら?と思うぐらいよく目にする機会がありますね。
いいんですよ、ブサイクでも。
アタシ、赤ちゃんの頃「朝青龍」と同じ顔して写真に写ってますけど、今でもそれなりにがんばって生きてるもんねー(笑)
...編集

椿 投稿日:2006/12/10 10:57

>saoriさん
同士よ!

「不細工な友情」は共感できる人ならとっても面白いと思います。見かけたら是非立ち読みして下さいな。
そんでひとり不気味にニヤニヤしちゃおうぜーい!(読んでみてもまったく面白くなかったらごめんなさいねー)
...編集

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nyanyanya.blog16.fc2.com/tb.php/156-762ac2be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。