喪女子ブログ

喪男という言葉を知りました。そして思いました。えっ、これ私?あー、喪女って言葉もあるんですね。ってことで喪女の生活をだらだら書いていきたいです。ちなみに年齢=彼氏いない歴。隠れオタで腐女子です。

BLOG
プロフィール
おすすめの記事
メニュー

1クリックにつき1円を無料で募金できるそうです。一日一善。


フィギュアとか

なんかモザイクかかったモノ握ってるーーーっ!!!

お、おふだの使い方が間違ってると思います…!!

あー、強烈な放屁かと思ってびっくりした。


激しくおすすめ!
ラーメンズ DVD-BOX

助けたネコをぶった切るところが大好き。

 


なんじゃこりゃ(楽天)

日本初の”ショタ・エロ・アニメーション”。ぴことちこ。(18禁)

女装用おっぱい。いきなりDカップ。






怪しい効果がありそうなグロス。だって名前が「ヌレヌレ」。


メモ

もう一個ブログはじめました。面白くもなんともない普通の日記です。陰気な感じでやっていきます。







--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2006/12/29

2006年最後の更新です

おそらく今年最後の更新になります。
今年最後のご挨拶も兼ねてですが、暗い話です。いつものごとく。
暗い上に長いです。



ほんっとに今更ながらですが、クリスマスの話ですよ。
どうです?喪女のクリスマスなんて想像しただけで暗いだろうがよー。
あれは年明け前の最大にして最悪のイベントです。



今回のクリスマスは本当にひどかった。
わたしね、たぶんクリスマスに可哀想だった女子ランキングがあったら上位入賞間違いなしだったと思う。



訳あってクリスマスイブもクリスマスもひとりで半日ほど外で時間をつぶさねばならなかったんですよ。
恐ろしい話でしょ。マジぼっけえ、きょうてえー!






半日時間を潰すってことはなかなか大変です。
しかもひとりで、です。



とりあえず、わたしは二日とも、若者どもでにぎわう街中を散策することにしたんですよ。







・一日目(クリスマスイブ)

まず目的地に到着し、電車を降りたとたんに私の目に飛び込んできた光景はコレです。



男がな、女のカバンを持ってやってんの。
しかも全然重くなさそうな小さな小さなカバンですよ。



まったく馬鹿げている。




つい最近、駅の階段をつらそうに、手すりにつかまって登っているお婆さんがいました。
その光景を見て、わたしに何かできることはないかと思い、とっさに出た一言が「お荷物お持ちしましょうか?」でした。



今考えると馬鹿げています。
だってお婆さんの荷物はそんなに重そうじゃないカバンひとつだけだったんだもん。




「大丈夫ですよ。ご親切にありがとうございます。」って本当に丁寧に断られました。
お婆さんだって、わたしの申し出を断って自分のカバンは自分で持つぐらいです。
お婆さんの持っていたカバンよりも小さなカバンを持ってやる男も、持たせる女もどうなの?(お婆さんがわたしのことを親切なふりしたひったくりだと思った可能性も否めませんが)



女の小さなカバンを持つ男って、見ていてすげえ気分悪い。
私から見れば、その魂胆は丸見えですよ。
だってあれでしょ?すべてはクリスマスの夜のためでしょ?
エロのためでしょ?まるっとお見通しですよ。(お前ら今夜はまるっとお見通しの仲になるんだろー!)




案の定、街中は手をつないだカップルばかりが歩いていました。
どこへ行ってもいちゃこらいちゃこらした奴らばっかなんですよ。
でね、当てもなくブラブラ歩いていたら、カップルたちの話し声が聞こえてきました。



男:「今からどこいこうか?」
女:「○○(←いかにもカップルが沢山行きそうなお洒落な場所)に行かなーい?」
男:「おっ、いいね。じゃあ行こうぜー。」



目的地のない私は決めました。
わたしもそこに行こう、と。



どうせ惨めなクリスマスです。
とことん惨めな気持ちになろう、いけるところまでいってみようと思いました。



目的地にたどり着くと、やはり自然とにやけてしまうほどカップルだらけ。一人で歩いている人なんてほとんど見あたらねー。




でもいいんです。なんだか一人で歩いている人の方がめずらしいので、『クリスマスなのに、勇敢にも一人でお洒落スポットを散策している自分』が格好良く思えてきちゃうんですよ。
そうです。完璧な思い違いです。



「うわー。クリスマスにこんないかにもな場所でイチャイチャしてるなんて、いかにもすぎてダサくなーい?!」なんていい気になって、むしろカップルらを見下しながら歩いていました。もう自分でも訳がわかりません。



そうこうするうちに、小腹が減ってきたのでその日のお昼は、ファーストフードで済ませることにしました。
店員のきれいなお姉さんが、注文もしてないのにとびきりのスマイルをわたしに向けてくれました。



ああ、きっとこのスマイルは同情のしるし。
クリスマスにひとりでお昼を食べる可哀想なわたしへせめてものプレゼントでしょう。
わたしは再び、急に自分が惨めに思えてきました。



「やばい…。こんなお洒落な場所、こんな日に一人で来るんじゃなかった…!」と思いながら、ファーストフード店を出て、人通りの少ない通りに差し掛かると、ベンチに腰掛けてるカップルを見かけました。
よくよく見ると、ちょうど彼氏が彼女の薬指に指輪をはめてやっているところでした。



なんか凄まじくへこんだ。
でもわたしは懲りずに次の日のクリスマスも街中へ出かけたのです。







・2日目(クリスマス)

この日は美容院の予約をとってありました。
べつにクリスマスイブに美容院に行ってもよかったのですが、そしたら「この後、彼氏さんと会うんですかー?」とか言われる可能性大です。



イブの方が世間的に盛り上がってるでしょ。
クリスマスの方がむしろそういうの聞かれる可能性が低そうでしょ?
そう判断してあえてクリスマスに予約をとったんです。




いつものように、雑誌に集中するふりをして美容師さんとの会話を避けていたのですが、パーマを頼んだので時間がかかります。三時間近く。
さすがにずっと会話なしは良くない、と判断したのか美容師さんが話しかけてきました。



この子はきっと彼氏もいないんだろうな、と判断したのでしょうか。
彼はこう話しかけてきました。







美容師:「昨日、クリスマスイブだったけどチキン食べた?」






これはねーよなー、と思いました。
クリスマスの話題避けられてないし、彼はわたしにぴったりの話題として食べ物の話をチョイスしたんだなと思い、すこし悲しくなりました。



悲しかったので、その日の夜はチキンをむさぼり食いました。
完成したパーマを見た美容師さんが「本当にこの髪型でよかったの?」と聞いてきたほどのもじゃもじゃの頭を揺らしながらな。



ではまた来年。




人気ブログランキング学生ブログランキングFC2ブログランキングのどれかによろしければぽちっとお願いします。励みになります。



〈Amazonさん〉
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディションダニー・エルフマン クリス・サランドン キャサリン・オハラ

おすすめ平均
starsハロウィン♪ハロウィン♪
stars「ハロウィーン」の住人が「クリスマス」に侵入?! 奇想天外、愉快痛快なミュージカル・アニメの大傑作
stars可愛くて個性的なおばけ達。
starsミュージカルのようなアニメ
starsナイトメアコレクションには最適です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぼっけえ、きょうてえ
ぼっけえ恋愛道―志麻子の男ころがし
灰色のクリスマス



スポンサーサイト

  1. permalink |
  2. たれ流し |
  3. trackback (0) |
  4. comment (18) |
  5. page-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。